仁淀茶の特長

地形

仁淀川流域の山間の傾斜地

四国山地の中央構造線の南は豊富な降雨が山肌を削り、山が険しく谷が深くなっています。 

傾斜がけわしいため水はけがよく、お茶の生育に必要な“降雨”と“水はけ”を両立しています。

風土

気候:雨が多い

高知県は全国でも一,二を争うほど降水量が多い県です。その中でも特に仁淀川流域はお茶が必要とする夏期の降雨に恵まれ、古来より良質な山茶が自生していました。温暖多湿な山間部は、日の出が遅く日没の早い山あいの急傾斜地です。この周辺は昼夜の温度差が大きいことから霧が立ちやすく、これが自然の覆いとして茶葉を包み込みます。このような一見厳しい環境で、苦みが少なく味わい豊かな良品質のお茶ができるのです。

 

土質:水はけがよく、肥料の供給能力に優れる

仁淀川流域の地層は『三波川変成帯』と呼ばれ、低温高圧で押し上げられた岩石でできています。火山灰やマグマのなど鉄分の多い岩石が少ないためお茶の生育を助けるリン酸やミネラルの供給能力に優れるうえ、水はけがよく、お茶の生育に最適な地層です。

品種

仁淀川流域で栽培されている品種のほとんどが“やぶきた”です。

単一の品種を栽培すると収穫時期が重なるため規模拡大ができません。仁淀川流域の茶農家が零細な原因の一つです。

 

“やぶきた”とは

煎茶としては極めて良好な品質を示し、独特の強い香気を持ち滋味優雅で甘味に富みます。“やぶきた”は味や香りで最高の品種、原点にして頂点、お茶品種の“手塚治虫”といえます。お茶の品種を評価するとき“やぶきた”を基準に評価します。『“やぶきた”と比べて香りが…』とか『うま味は“やぶきた”より…』と言う表現を用います。お茶品種のメートル原器、デファクトスタンダードともいえます。

“やぶきた”の名前の由来は、『静岡県有渡郡有度村(現静岡市駿河区)の篤農家杉山彦三郎が1908年(明治41年)所有する竹やぶを切り開いた茶園から優良品種を選扱し、北側からのものを“やぶきた”、南側からのものを“やぶきたみなみ”と名付けた(ウィキペディアより)』ことからと言われています。

がんばってます

急峻な茶園

仁淀川流域は険しい山岳地帯です。

茶園は山の斜面にあり、10%以上の傾斜の茶園が8割近くなり、他県の茶の産地と比較すると際立っています。

楽しみ方

香り高く、味が濃い

お茶の産地として皆さんが思い浮かべるのは、静岡県ではないでしょうか。仁淀茶はこの静岡産の深蒸し茶(注)に “風味のインパクト” を加えるために、ブレンド用として重宝されてきました。香り高く、深い味わいのお茶です。

 

水出し茶で手軽に 金色透明、豊かな風味

手軽に美味しく飲める水出し茶。『エピガロカテキンが多くなる』抽出法として、大手飲料メーカーからの参入も相次いでいます。

深蒸し茶は水出し茶でも濁りが出ますが、仁淀の茶は水出しでもしっかりと豊かな風味を残しつつ、グラスに入れると『金色透明』で目でも楽しむことができます。

(注):深蒸しと普通蒸し

茶葉から「お茶」を作るとき“蒸し”から始めます。「お茶」の種類は“蒸し”時間の長短で“深蒸し”と“普通蒸し”に大別されます。

仁淀のお茶はすべて“普通蒸し”。

HP静岡茶いち、山本園、宇治製茶、OMURAEN、O-CHAネットより

  深蒸し 普通蒸し
蒸し時間

60秒以上

30~60秒

生産割合

全国:70%

仁淀:0%

全国:30%

仁淀:100%

主な産地 平野部 山間部
形状

茶葉は細かくバラバラで粉っぽい。

やや黄色みを帯びた濃緑色。

形がきれいに伸び、濃緑色で粉が少ない。

「針の様な」と形容される。

水色

深く濃い緑色。

粉が多いため、抽出液は緑色。

抽出液は薄く黄色みを帯びた透明(『金色透明』と言う)。

山吹色が最高だとされている。

淹れ方が簡単で、だれでも美味しく淹れることが出来る。

青臭・渋みが少ないまろやかな香り。こってり濃厚で、強い甘みと深みのある旨味。

味は淡泊でお湯の温度や抽出時間で味が大きく変わってしまうなどデリケート。 

ほどよい甘味と渋味が絶妙の味わいを醸し出す。

特長

見た目より、飲んで美味しいお茶。

お茶の抽出が煎茶より短時間ですむ。

色・味は濃い目だが、胃に負担がかからないので何杯でも飲める。

さっぱりとしている一方、パンチのきいたキリッとした味は一口で余韻が長く続く。

深蒸し茶より「甘い香気」が強く、茶葉本来の青々しさを味わうのに適する。


動画で見るお茶の淹れ方、楽しみ方


土佐茶のおいしい入れ方


土佐茶の楽しみ方


仁淀川流域茶の美味しい淹れ方



仁淀茶の淹れ方(水出し茶)


仁淀茶の淹れ方(氷水出し茶)


仁淀茶の淹れ方(氷抽出緑茶)



仁淀茶の淹れ方(ロック DE 緑茶)



佐川紅茶の淹れ方

煎茶とはちがいます


佐川紅茶の楽しみ方

佐川のスィーツと楽しみます


佐川ウーロン茶の淹れ方

香りを楽しみます